吉川健一がダ〜ラダラ、ぷっくぷくしてるブログ
町田コジファン終了

【コジ ファン トゥッテ終了】 町田コジファン無事?終わりました! 流石にハードスケジュールだった為疲れはありましたが、楽しいキャストのお陰で大盛り上がりで終わりました!次は宮城県にお邪魔します!
うた comments(0) trackbacks(0)
初岩国アウトリーチ旅

昨日28日早朝に羽田を出発、お昼から岩国市平田小学校でアウトリーチを二日間全校生徒に向けてやってまいりました。
人懐っこい性格の全校生徒600人のこの学校。プログラムを若干調整しながらいかに、楽しんでもらえるかを極める公演となりました。
こういうイベントは学校の先生方の協力と理解が無くては成立しないものですが、今回の学校の先生方は素晴らしく生徒に愛情を注いでいて、本物の音楽を聴かせるために、一生懸命ご尽力下さいました。本当にありがとうございました。

当然岩国まで行ったならば観光を錦帯橋と宮島を満喫して参りました。
天候にも恵まれ、素晴らしい山陽旅行でした!
またいつか山口に戻れますように!
共演した金子美香さん、朴令鈴さんありがとうございました!
うた comments(0) trackbacks(0)
新潟大学主催 音届コンサート終了


第一回の音届コンサートから久しぶりにこのコンサートに参加させて頂きました。
今回はある程度こちらプロの歌手からプログラムの構成などを決めさせて頂き、細かい準備を全て学生さんに任せるやり方で行いましたが、字幕、照明、舞台設定、お客様対応全ての学生が一所懸命働いてくれて、結果的にアンケートの回収率の高さ、その内容に全ての成功だった要因が記されていました。

モーツァルトが生まれて261年、僕達はこのずっと続いてきたクラッシック音楽の文化をここで絶やすわけにはいきません。。
これからも音楽の魅力、演奏家の魅力を存分に伝えられる人材が増えることを切に願います。
応援してくださっているお客様、誠にありがとうございました。
うた comments(0) trackbacks(0)
オペラ講座で新潟です。





新潟大学の学生さん達主催のオペラ講座をやって参りました。 舞台上でのハプニングや裏側も全部話しちゃおうと、意気込んでいたら1時間半で終わらせるのが大変な程でした。歌わずに仕事終了というのもたまにはいいものです。 新潟日帰りでも美味し寿司は堪能して帰ります。
うた comments(0) trackbacks(0)
今秋京都で『蝶々夫人』に出演します。
毎年秋には新国立劇場の鑑賞教室公演で関西にお邪魔しています。
今年は京都で『蝶々夫人』です。
是非旅行がてら京都にいらっしゃいませんか?
【平成29年度 新国立劇場 高校生のためのオペラ鑑賞教室・関西公演 『蝶々夫人』当日券事前予約受付中!】 10月30日(月)、11月1日(水)に開催する、「新国立劇場 高校生のためのオペラ鑑賞教室・関西公演 『蝶々夫人』」では、高校生以下(2,160円)および大学生(一般料金4,320円)の方を対象に、WEBフォームから当日券の事前予約を受付けています(お1人様1枚限り)。 事前予約用WEBフォームはこちら ?https://ssl.form-mailer.jp/fms/0f3ea811526817 ※当日座席指定券にお引換の際、学生証等の身分証明書を必ずご提示ください。 ※座席はお選びいただけません。また、舞台が一部見えづらいお席になる可能性があります。あらかじめご了承ください。 公演の詳細ページはこちら ?http://rohmtheatrekyoto.jp/program/4369/
うた comments(0) trackbacks(0)
2017年後期スケジュール

6月から怒涛のスケジュールで、ハイドン、ヴェルディ、リトアニア演奏旅行、新国蝶々夫人、港区、秋川ルピア、地域創造プレゼン、長岡東フィル、サマーミューザ川崎といっぱい歌い、たくさんのお客様(約一万人)に歌を聞いていただきました。

さて今年後半は、日本全国を飛び回ります。ざっとスケジュールを書きます。

9月2日 午後2時から午後3時30分 【全席完売】

【新潟】音届2017〜西区にもっと音楽を〜 公開講座「これであなたもオペラ通!?」

詳細→ここ

9月16日 午後2時から午後3時30分

【新潟】音届2017〜西区にもっと音楽を〜第2弾 Opera World

Opera World〜心おどるひとときを<魔笛>とともに〜

出演

村上公太(テノール)、吉川健一(バリトン)、鈴木愛美(ソプラノ)、鈴木賢太(ピアノ)

プログラム

・<トゥーランドット>より
 ≪誰も寝てはならぬ≫/プッチーニ
・<魔笛>より
 ≪パパパの二重唱≫/モーツァルト ほか
※曲目は変更になる場合があります。

詳細→ここ

9月28日29日

【山口】人生初山口訪問 学校アウトリーチ

10月1日 14時開演

【東京】モーツァルト作曲「コジ ファン トゥッテ 」グリエルモ役

町田シティオペラ協会が贈るオペラシリーズ第5弾
〜女はみんなこうしたもの〜恋人たちの学校


<出演>
鹿又 透(公演監督・演出/ドン・アルフォンソ)写真左上
松原有奈(フィオルディリージ)写真右上
西 けい子(ドラベッラ)
塩田美奈子(デスピーナ)写真左下
金山京介(フェランド)
吉川健一(グリエルモ)

< ピアノ>
今野菊子
<合唱>
有奈☆一門

cosi

詳細→ここ

10月4日5日

【宮城】 えずこホール仙南芸術文化センター アウトリーチ

出演 鵜木絵里 中川賢一 吉川健一

10月14日 15日

【神奈川】第六回サンハートアンサンブルオーディション

歌とピアノのオーディション情報】
今年も10月に二俣川のサンハートでアンサンブルオーディション声楽部門(独唱+ピアノ)(重唱+ピアノ)、ピアノ部門が開かれます。
このコンクールは演奏のクオリティは勿論、日頃音楽に親しみのない方にも、如何に音楽を楽しんでもらえる構成、表現ができるかということを重視するアウトリーチオーディションです。
表彰者にはホールでのデビューコンサートや出張コンサートなどの機会が与えられます。とても実践的なオーディションです。
僕も審査員として参加しています。オーディションの概要などご相談ください

詳細→ここ

10月30日11月1日

【京都】新国立劇場 高校生のためのオペラ鑑賞教室・関西公演
「蝶々夫人」全2幕

指揮:高関 健

蝶々夫人:横山恵子
ピンカートン: 村上敏明
シャープレス:大沼 徹
スズキ:山下牧子
ゴロー:内山信吾
ボンゾ :峰 茂樹
ヤマドリ:吉川健一 ほか

合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:京都市交響楽団

詳細→ここ

11月6,7,8日

【宮城】 えずこホール仙南芸術文化センター アウトリーチ

出演 鵜木絵里 中川賢一 吉川健一

11月23日(木・祝)午後2時開演
【東京】武蔵野市民文化会館 大ホール地図

〈武蔵野市市制施行70周年記念 武蔵野市・ブラショフ市 友好交流25周年記念コンサート〉ルーマニア・ブラショフ・フィルハーモニー交響楽団

出演
ルーマニア・ブラショフ・フィルハーモニー交響楽団
曽我大介(指揮)
清水理恵(ソプラノ)
高野百合絵(アルト)
芹澤佳通(テノール)
吉川健一(バリトン)
武蔵野市・ブラショフ市友好交流25周年記念コンサート第九合唱団
(合唱指揮:小津準策、小島聖史)
※事情により出演者は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
チケット
全席指定
一般 3,500円
武蔵野市民・友の会 3,000円
*未就学児のご入場はご遠慮下さい。
詳細→ここ
12月31日  22:00開演(21:00開場/24:30終演予定)
【東京】サントリーホール ジルヴェスター・コンサート2017−2018
指揮:グイド・マンクージ
ソプラノ:アドリアーナ・クチェローワ、天羽明惠、鷲尾麻衣
メゾソプラノ:米谷朋子
テノール:メルツァード・モンタゼーリ、又吉秀樹、糸賀修平
バリトン:吉川健一、町英和
ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
バレエ・アンサンブルSVOウィーン
詳細→

とりあえず年内の予定です。まだ公表できませんが再来年の公演までオファーを頂いていますので、少しずつ発表させて頂きます。

チケットのご要望、問い合わせなどこちらにください。コンタクトページ→ここ

うた comments(0) trackbacks(0)
リトアニア演奏旅行後記

 

                    

【音楽家人生において、大きな1ページとなりました!】 指揮者 吉川健一

 

 このリトアニア演奏旅行のお話を静岡大学OBグリークラブの菅井さんから頂いた時、既に出発4ヶ月前、最初の練習も既に始まっていました。しかも菅井さんは神妙な面持ち、話を聞いてみるとリトアニアで指揮を振ってもらえないか?とのこと。6月の後半は新国立劇場のオペラ公演が入っていたのを覚えていたので、恐る恐るスケジュール帳を開き確認してみると、ちょうど公演拘束日が始まる1週間前であり、少しスケジュールを調整すれば行ける事が判明、これも運命だと思いました。

 練習は月一回小田原に全国からメンバーが集まり、狭い音楽室でギュウギュウになりながら熱意を持って練習しました。そうです、静大OBのメンバーは熱意はあるのです!しかしそれが演奏に反映されているかというと・・・

 曲目は、日本愛唱歌から多田作品まで、メンバーが歌いたい曲を挙げてもらい決まりましたが、どの曲も暗い、盛り上がらない・・・(♪し〜ずかに死んで〜いこう〜♫等)しかしこれがTHE JAPANESE SONG。覚悟を決めて稽古に挑みました。

 稽古が始まると問題点は山積み、一番大きな問題は、メンバー各々が50年前に素晴らしく歌っていた栄光が頭から離れず、その感覚で歌おうとしても、今の身体がついてこず、リズムや音程がバラバラ。多田作品が難しいのは承知の上でしたが、私が要求したのは、特に愛唱歌のレベルアップ!素晴らしい唱歌を言葉の分からないリトアニアの人々にも音楽と言葉の表現力で感動を伝えたいということでした。

 結局4回の練習でリトアニアに出発、正直、不安と開き直りの境地でした。しかし羽田→名古屋→ヘルシンキ→ヴィリニュスの行程でしたが、その途中、機上より富士山がとてもきれいに見えた時、この演奏旅行は素晴らしいものになる予感がしました。

 リトアニアに到着してからの心地よい気候、人の温かさ、治安の良さ、街の素晴らしさはあえてここには書きませんが、リトアニアが大好きになる経験をさせていただきました。(じゃがいも以外は・・・食べ過ぎました)

 さぁ2回あるコンサートの一本目はカウナス工科大学で行いました。大学の講義室のような場所でしたが、響きも良く、たくさんのお客様が入った会場は熱気で溢れていました。

「いざたて戦人よ」を一曲目に演奏した後、私(指揮者)のすぐ後ろにいらっしゃるお客様のどよめきが聞こえ、この演奏を楽しんでもらえていると感じることができ、里の秋などPP で演奏するような曲では会場は静まり緊張感のある雰囲気を演奏で作り上げられたことをすぐに感じられました。

30分以上の演奏時間になったにもかかわらず、メンバーの集中力は持続し、最後のそうらん節では、会場一体となった演奏にとても感動しました。

このコンサートの成功は、後の懇親会でも実感することができました。KTUシニア合唱団の皆さんの温かいおもてなしにより、よく食べ、飲み、何時間も踊り、歌い合った経験は一生忘れることができない思い出になりました。

 2本目のタウラゲでのコンサートは、カウナスのコンサートとは全く別の雰囲気のものでした。劇場支配人の方や市長さんが、初めて市を訪れる日本人との交流に一生懸命尽くしてくださっていることにも感謝しました。

 コンサート会場は、予想以上に大きな劇場でしたが、響きは最悪、特にマイクが入っていた為、その音響バランスをとるのに苦労しました。

 この日は2時間以上の移動と連日の旅行で、私も含むメンバー全員が疲れていることは知っていましたが、短いリハーサルの後、皆さんに「とにかく集中して演奏してください!集中!」とアドバイスさせていただきました。

 お客様の雰囲気は、カウナスのお客様のほうがよりアットホームという感じでしたが、こちらタウラゲのお客様は一曲一曲の拍手がとても大きく、地元司会者が割って入る程熱いものでした。どのお客様も初めて聞く日本の歌に喜んでくださっている様子がとても伝わりました。

 この日の静大OBのメンバー各々がとても素晴らしいパフォーマンスをしてくださいました。

 もちろん後日、録音を聞けば言いたいこともたくさんあると思います。(なのであまり聞いていません・・・)しかしこの日のメンバーの集中力は、今まで見たことがない程のものでした。すべての曲で私の指揮(手と口の指示)に集中し、僅かな音楽のニュアンスを一生懸命演奏しようという思いが、とても伝わってきました。これは指揮をしていてとても嬉しい瞬間でした。メンバーの皆様、改めて感謝申し上げます。

 コンサート終了後、すぐに私一人カウナスにタクシーで戻らなければならず、クリスティーナさんはじめ、関係者にちゃんとお礼ができずに残念でしたが、帰路につく途中もコンサートの興奮が冷めやまずといった感じでした。

 

 日本に帰ってきて改めて思うと、音楽に国境はなく、音に真摯な姿勢であれば、必ずその思いは音となって伝わるということ。今回の演奏旅行の成功は、メンバー皆様の50年以上の音楽への姿勢が実を結んだと思っています。私も静大OBのメンバーのような音楽との繋がりを長い間持ちたいと、姿勢を正しました。

 

最後に、この旅を実現してくださった藤井洋さん、クリスティーナさん、菅井さんはじめ、すべての関係者に感謝申し上げます。

これからも素晴らしい舞台を一つ一つ成功させましょう!

 

うた comments(0) trackbacks(0)
サマーミューザ終了


【サマーミューザ終了!】 とても楽しい本番でした。 子供達が楽しめる超豪華なコンサート!子供達が物語に夢中になっている様子を感じながら、演者の私達もテンションMAX! こんな短い期間で作りあげたとは思えない程の充実した舞台でした。 お互いの呼吸を読める共演者との舞台は本当に楽しいです。 皆様お疲れ様でした!
うた comments(0) trackbacks(0)
今から帰ります。



長岡には条例で、地酒を乾杯の時に提供する!というのがあるらしく、居酒屋で頼んでもないのに、日本酒が飲める素敵なシステムがあります。 さて、コンサートも大盛況で終了しました。 今回は長岡少年少女合唱団という素晴らしい子供達との出会いがあり、感動的なコンサートを行うことができました! これからビール飲んで新幹線で帰りまーす。 皆様 お疲れ様でした!
うた comments(0) trackbacks(0)
リハーサル中です

今年で3年目の長岡(新潟)リリックこども音楽館 東京フィルワクワクコンサートのリハーサル中です。 今回は長岡少年少女合唱団のみなさん、リリックジュニアアンサンブルの皆さんとも共演します。 毎年この時期に来てますが、長岡の暑さはかなり厳しいです。このあと美味しいビールが飲めますように!
うた comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/53 | >>
Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.