舞台活動を中心に更新しています。コメントもお待ちしています。
イタリア留学日記 その7
今年初のイタリア留学日記復活版!(以前の日記はCATEGORIESから)
やっと大学院の卒業式後すぐイタリアに!住む所は、F・マッティウッチ先生の住むTortona(北イタリア・ピエモンテ州アレッサンドリア県トルトーナ)に決まり、アパートも手配済み!順風満帆かの様に始まった留学生活、期待は膨らむばかり。
しかし早速訪れた不幸な留学生活第一弾、まだ生活が始まり1週間、滞在許可書も取っていない状態で届いた1通の手紙。その手紙は、幸せを運ぶはずの黄色い封筒に入っていた。広告などのDMは到着直後からポストに入っていたが、手書きの手紙は初めて届いた。当然イタリア語なんて全く分からない状態でイタリアを訪れた為、何が書いてあるのかなんて全く分からない。その前に向こうの人の字が読めない・・・西欧人の筆記体って日本の学校で習ったあの筆記体とはまったく別の文字だったのだから、あの時程、英語の授業の無意味さを感じたことはない!そこでたまたまF・マッティウッチ先生門下で一緒になった日本人のKさんに読んでもらう事に。Kさんは今でも親交があり、とても頼りになる国音の先輩だが、そのKさんその時既に5年もイタリアにいるというだけあって、僕が学生時代知っていた、あのKさんとはもはや別人。凄くイタリア人的に洗練されたイタリア男になっていたのを憧れの眼差しで見ていたのを今でも覚えている。
そのKさんに読んでもらったこの手紙の内容は「コノテガミヲヨンダアナタハ、カナラズ、フコウニナリマ〜ス。モシイヤナラ10ニンニ、コノテガミヲオクリナサ〜イ。」ってこれ日本でも地味に流行った不幸の手紙じゃん・・・いつもニコニコ顔のKさんは、やはり笑顔で「俺イタリアに長く住んでるけど、こんな手紙着たことね〜〜!」って・・・俺はもうイタリア生活1週間でこんな手紙届いたってのに・・・。腹が立った僕は早速、アドレス帳でむかつく人に端からその手紙を送ることに・・・って嘘です。だってイタリアから日本に送ったら僕だってバレるし、イタリアにはまだ知り合いいなかったから・・・
このおかげでこのイタリア生活があんなに波乱万丈なものになってしまうなんて。。。
また気が向いた時に、つづく。おわり
イタリア留学日記 comments(4) trackbacks(0)
Comment
不幸の手紙ってやっぱりショック?ですよね。
(もらったことないので)
波乱つづきの第8弾が楽しみです!
そういえばディナーショーもうすぐでしたね。
残念ながら聴けないけど頑張ってくださいね〜


from. NF | 2006/04/29 4:22 PM |
NFさん
次回留学日記がいつになることやら・・・
ディナーショウおかげさまでチケットの売れ行きが凄くよくて、定員を超えたため追加席で対応しているくらいです。
今回は残念ですが、横須賀の方は楽しみにしていてください!まだチケットが手元には無いのですが、席は確保してあるのでご安心を!
from. けん | 2006/04/30 1:28 AM |
やはり、先生はタダモノではないですね!

    ガッコで習った筆記体さえ読み書きできないりせより
from. りせ | 2006/04/30 10:42 PM |
りせさん
僕なんてつまらない人間ですよ・・・
from. けん | 2006/05/02 12:02 AM |








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.keny.ciao.jp/trackback/465598
Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.