舞台活動を中心に更新しています。コメントもお待ちしています。
イタリア留学日記 その5
約一ヶ月ぶりのイタリア留学日記。第5話!今までの、おさらいは是非CATEGORIESから再読してください!
とうとう、短期で訪れた、イタリア初講習会の最終日、初ラブシーンを控えた本番前。何が起きたかというと、くだらないんです。。。でも23歳だったウブな自分には、とてもショックだったんです。
タンクトップのワンピースドレスにビッチシと決めた、イタリア美女ルチアと「フィガロの結婚」のワンシーンを演奏する順番が訪れ、僕はいつものようにノリノリで、舞台に立ち、ルチアとの演技の息もピッタリ。後は、最後に両腕を開き、抱き合う演技が残された瞬間・・・そこに見えたのは、ルチアの脇に光る黒々とした体毛が!!!!!あんなにルチアに恋をした自分が、唖然としながら一気にどこかに引いて行くのを実感するまま、ルチアに抱かれ、演奏は終了。
真面目な話、無駄毛は剃るという常識は、日本での事。イタリア等敬謙なカトリックの国では、刃物を体に当てることをあまり相応しくないと考えるらしいのです。それを僕は100年の恋が一気に冷めたかのように、大騒ぎ。
それから講習会が終わって、ファッションの都ミラノの街を散策するときも、どうしても視線は女性の脇に・・・
というわけで、いろんな意味で波乱づくしの講習会は無事に終わり、さよならパーティーでは、皆でディスコに行き、朝まで大騒ぎ!とても楽しい思い出でした。この講習会で、お世話になったFRANCA MATTIUCCI先生が、大学院修了後、すぐイタリアに来なさいと誘っていただき、この後の長期留学のきっかけになったのです。
この後、3年間の留学日記が新にスタートします。乞うご期待!おわり
イタリア留学日記 comments(2) trackbacks(0)
Comment
ゴメンなさい、大笑いしてしまいました。
でもわかりますよ、私も日本人のハシクレですから。
同性の私でも、つい目がいってしまうと思いますもの。
“うぶ”を卒業された今はもう平気ですか??(笑)
from. saaya | 2005/10/05 2:24 PM |
あれから3年イタリアで野性的な生活をしていると、いつの間にか、女性の脇の毛1本や2本では驚かない男になってしまいました。
まだまだ留学日記、ネタがいっぱい残っています。また読んでくださいね!
from. けん | 2005/10/05 10:12 PM |








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.keny.ciao.jp/trackback/305384
Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.