舞台活動を中心に更新しています。コメントもお待ちしています。
イタリア留学日記 その4
自己満足的な不定期掲載留学日記第4弾。
北イタリアのド田舎でのイタリアデビューコンサート、大嵐の中、一生忘れられない夜を興奮と共に過ごした。
次の日も朝からレッスン。この講習会、歌のレッスンだけでなく、Artescenica(演技法)の授業もあると知らされる。全くイタリア語も解らないうちに、今度はイタリア人の女性と「フィガロの結婚」の一部分を演技付きで勉強し、また講習会最後のコンサートで披露するというではないか!
ここで出会ったのが、Lucia。ルチアなんて名前、オペラの中だけでしか存在しないのかと思っていた僕は、その名前を聞いただけで、「オペラの国イタリア」に感動したものである。
彼女はいかにも、ラテン系の女性といった感じで、真っ黒な髪と、日に焼けた小麦色の肌が、僕の心をときめかせた。イタリア女性への初恋である!
僕はフィガロ。ルチアはスザンナ。課題は一幕の最初の部分は、皆さんご存知の、幸福満開の場面で、お互い抱き合い、頬にキスをされる、バリトン歌手には願っても無いチャンス。
授業の内容は、例によって全く覚えてない。
講習会は、約2週間、毎日歌と演技の授業。暇な時間は、プールで泳ぎ、後は山の野原で、ひたすらボ〜っとしてる期間は、あっという間に時が経ち、とうとう運命の講習会最後のコンサートの日が訪れる。そこでもまた一生忘れない事件が・・・ん〜〜〜書くべきか、書かないべきか、また次回。おわり
イタリア留学日記 comments(2) trackbacks(0)
Comment
続きぜひ聞きたいです
from. | 2005/08/08 9:50 PM |
聞きたいですか?結構くだらないオチなんですけど・・・次回をお楽しみに!
from. けん | 2005/08/09 8:46 AM |








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.keny.ciao.jp/trackback/245931
Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.