舞台活動を中心に更新しています。コメントもお待ちしています。
【明日は第一生命ホールオープンハウス】


この公演の稽古の度に、京王線が止まる不運に合う今日この頃。


明日のオープンハウス、僕の最近やってる数少ないアウトリーチネタを全て披露する出血大サービスの1日です。


30分の異なるコンサートを計4回お届けするハードな1日ですが、皆さんに楽しんでいただけるように、第一生命ホール総力を挙げて稽古を繰り返してきました。


明日、勝どきの第一生命ホールに、まずは一本目13:40分にいらして頂ければ、楽しい一日をお過ごしいただけますよ!

多くの子供から大人に楽しんでもらえますように。


https://www.triton-arts.net/ja/concert/2019/07/20/2979/

うた comments(0) trackbacks(0)
【鑑賞「蝶々夫人」木下組初日】

※僕の顔がいつもより丸いこの写真は新国ツイッターから盗用


本日、ようやく我々組の初日でございました。

今回はダブルキャストということもあり、稽古中から中日が2日、3日空くことがあるスケジュールで、特に稽古回数が少ないヤマドリシーンは、毎回「蝶々さん久しぶり〜!」という思いで歌っていました。

今回初共演の木下美穂子様、外国や二期会公演でこの役をライフスタイルとしてやられているだけあり、本当に素晴らしいです。

新国立劇場でヤマドリ役を30回程経験させていただいていますが、毎回、蝶々夫人という役は、どのソプラノ歌手にとっても孤独で、テクニック、精神力全てが頂点に達していないと歌いこなせない役だという事を、目の前で見せられてきました。木下さんの蝶々さんはその中でもトップクラスと言って良いほど、素晴らしいです。

その他、小林由佳さんや樋口さん、成田さん、晴さん、峰さん素晴らしい先輩との共演は本当に勉強になります。

1日空けて後2公演、思い切って蝶々さんに振られてきます!

一般券も発売されております。ご興味のある方は是非足をお運びください。

うた comments(0) trackbacks(0)
【パパゲーノの音楽大冒険終了】


満席御礼で終えることができました。

練馬の小さなお友達も、大きなお友達も、集中力を切らさずに最後までコンサートを楽しんで頂き、演者の僕達も大満足で終えることができました。

こういった一から作る企画は様々な努力が必要ですが、裏方スタッフ皆様も心から喜んで頂けるコンサートを作り上げることができるのは、最大の喜びです。

この本物の芸術を子供に届ける、「パパゲーノの音楽大冒険」が、日本各地で行われる事を望んでいます。

関係者の皆様是非機会をお与えください!

うた comments(0) trackbacks(0)
【チケット完売&ご来場される方】

4月29日の練馬文化センター パパゲーノの音楽大冒険!コンサート

コンサートを一週間後に控え、最近また多くのお問合せを頂いておりますが、本公演はチケット完売しております。ご予定していてまだ購入されていなかった方には申し訳ありません。

またの機会に足をお運びください。


ご来場くださるお客様へ

お子様向けに体型コーナー参加者を募集しております。下記のホームページをご覧ください。


https://www.neribun.or.jp/event/detail_n.cgi?id=201812281545974392

うた comments(0) trackbacks(0)
【金子美香リサイタル山口県宇部ツアー】

楽しい3日間を過ごしてきました!

まず昨日の金子美香さんのリサイタル。

とても響きの良い会場で、金子さんのオール日本歌曲プログラムにお客様は大満足。あんなに盛り上がって頂けると、ゲスト出演させて頂いた僕もとても幸せな気持ちになります。

リサイタルの翌日の今日は、帰りの飛行機を少し遅くして山口県観光。

下関の唐戸市場や角島をレンタカーで大急ぎで周り、美味しいお寿司や、角島の絶景を堪能してまいりました。

帰りのJALでは昨日頂いた花束を持って帰りたいと地上係員に申し出たら、ご丁寧に箱に入れて運んでもらっています。一緒の飛行機には具志堅用高さんも乗ってるし、最後の最後まで思い出に残る旅でした。

お世話になった皆様、本当にありがとうございました!

うた comments(0) trackbacks(0)
【新国ジャンニスキッキ 千秋楽】

3月17日から稽古が始まり、丸々1ヶ月走り抜けてきたジャンニスキッキが終わってしまいました。

なんと言っても、カルロス アルヴァレス!

世界第一線の歌手との共演がこんなに幸せなことなのか!と公演の無い数日がとても長く思え、公演日には毎度、Mi mancavi Tu!とカルロスと話していました!

歌い手としての技術はもちろん、その上を上回る彼の人柄は今回の公演成功の一番の要因でした!

初日のプレミエゲシェンク?にって共演者みんなに、スペインに関わる本や詩集、ノートブックを配り、僕にはスペイン マラガ(カルロスの地元)出身のピカソの本をくれました!本当に、幸せな1ヶ月でした。

そして、親戚の皆様。チームワーク最高でした。

本当にありがとうございました。

もうやりきった達成感でいっぱいです。

この公演がいつまでも新国立劇場で再演されますように!

うた comments(0) trackbacks(0)
平成最後の舞台



平成最後のゴールデンウィーク4月29日に、練馬文化センターで親子で楽しめるオペラコンサートを行います。
パパゲーノが進行しながら、童謡を一緒に歌ったり、音楽に合わせて手遊び、そして音と触れる体験コーナー等、みんなで思いっきり楽しめるコンサートです。
既にチケットの売れ行きは良いようですが、皆さんに素晴らしい企画を知って頂きたいので、シェアをお願いできる方、どうぞ宜しくお願い致します。
https://www.neribun.or.jp/event/detail_n.cgi?id=201812281545974392

第58回ワンコイン・コンサート

普段聴くことが少ない、第一線で活躍するオペラ歌手による子どもから大人まで楽しめるコンサート。
モーツァルトのオペラ「魔笛」に登場するパパゲーノの迫力ある歌声の演奏、童謡をみんなで一緒に歌ったり、リズムで身体を動かす心地よさを感じるプログラムです。

■日時 平成31年4月29日(月・祝) 14:00開演(13:30開場)
■場所 練馬文化センター小ホール(つつじホール)
■出演 吉川健一(バリトン)、村田ゆう子(ソプラノ)、石野真穂(ピアノ)
■曲目 モーツァルト/オペラ「魔笛」より おいらは鳥刺し〜パパパの二重唱、フニクリフニクラ ほか
■チケット料金
 全席指定 500円
 友の会会員 450円(2枚まで)
※友の会とは(←『友の会』をクリック)
※3歳未満ひざ上無料。ただし、お席が必要な場合は有料です。
※お子様がベビーカーに乗ったまま客席へご入場はできません。

■発売情報
平成31年1月17日(木)10:00〜 予約受付開始 
※発売後の販売状況はこちらからご確認いただけます。
※予約受付初日は座席をお選びいただけません。

■プレイガイド

・練馬文化センターチケット予約専用電話 03-3948-9000(10時〜17時)
・インターネットチケット予約・販売 (要利用登録【無料】)
・練馬文化センター/大泉学園ゆめりあホール 窓口(10時〜20時)

■注意事項
※他の割引サービスとの併用はできません。
※窓口販売は、平成31年1月18日(金)10:00より行います。なお、予約受付初日に完売した場合、窓口での販売はございません。
※車いす席、難聴者イヤホンをご希望のお客様は、練馬文化センターチケット予約専用電話まで、お申し込みください。

■主 催・問合せ:(公財)練馬区文化振興協会 TEL03-3993-3311

うた comments(0) trackbacks(0)
新国立劇場「カルメン」大盛況のうちに終了

【6回公演無事終了】
先程、唯一の夜公演で千秋楽となりました。
終わってみれば連日満席で約一万人以上のお客様にカルメンを観ていただいたことになると考えると、とても大きな仕事をやりきった満足感でいっぱいです。
今シーズンは幸せな事にまだまだ新国立劇場に関わる事になります。少しでも多くのお客様に感動を伝えられるように、日々精進して参ります!

うた comments(0) trackbacks(0)
新国立劇場「カルメン」大盛況のうちに終了

【6回公演無事終了】
先程、唯一の夜公演で千秋楽となりました。
終わってみれば連日満席で約一万人以上のお客様にカルメンを観ていただいたことになると考えると、とても大きな仕事をやりきった満足感でいっぱいです。
今シーズンは幸せな事にまだまだ新国立劇場に関わる事になります。少しでも多くのお客様に感動を伝えられるように、日々精進して参ります!

うた comments(0) trackbacks(0)
ジャンニ スキッキ チケット発売


カルメンの稽古も順調に終わり、いよいよ明日から幕が開きます。6回公演という長丁場ですが、風邪の具合も良くなり、気を抜かずに頑張ります。

明日11月23日より、来年四月のジャンニ スキッキ公演の一般チケット発売です。

ご用命の際には僕にお伝えください。


以下 新国立劇場の文章より


明日11/23(金・祝)10:00より4月公演「フィレンツェの悲劇/ジャンニ・スキッキ」チケット一般発売開始です。
新国立劇場が今シーズンから1年おきに行うダブルビルの第一弾で、今回取り上げるのはフィレンツェを舞台にした2作品です。

『フィレンツェの悲劇』は、夫婦と妻の愛人の3人が繰り広げる倒錯の世界を描いたオスカー・ワイルド原作のオペラ。世紀転換期のウィーンで活躍したツェムリンスキーの豊潤で官能的な音楽が魅力的な作品です。

一方、『ジャンニ・スキッキ』は、富豪の遺産相続をめぐる騒動と若い男女の恋物語を描いたプッチーニ唯一の喜劇。ラウレッタのアリア「私のお父さん」はコンサートで歌われることも多い人気曲です。

後期ロマン派を得意とする沼尻竜典の指揮に、イタリアで生まれ育った粟國淳の演出。脂の乗り切った2人がタッグを組むのも大きな魅力です。キャストには、セルゲイ・レイフェルクス、カルロス・アルバレスという世界的な名バリトンをそれぞれのオペラに迎え、齊藤純子、砂川涼子、村上敏明ら実力派日本人歌手が加わります。

2作品ともシーズン公演では初の上演となります。どうぞご期待ください。

公演詳細はこちら。
https://www.nntt.jac.go.jp/opera/giannischicchi/

うた comments(0) trackbacks(0)
| 1/26 | >>
Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.