吉川健一がダ〜ラダラ、ぷっくぷくしてるブログ
今後の出演予定

秋の空気が気持ちよく、食欲と歌いたい気持ちが抑えられない今日此の頃。

いかがお過ごしですか?

バリトン歌手として2005年に二期会公演「魔笛」パパゲーノ役でデビューして早11年。

未だに数々の仕事のオファーが来ることはこの上ない喜びで、いつも応援してくださる皆様に感謝いたします。

今後、下記のような仕事をしています。一人でも多い方に私の歌を聞いていただけるように精進いたします。

 

 

☆10月26日 28日 京都ロームシアター

 

新国立劇場 高校生のための鑑賞教室 京都公演

「フィガロの結婚」 フィガロ役 カバーキャスト

 

 

☆11月3日 三鷹市芸術文化センター 風のホール

 

みたか市民合唱コンサート 

武蔵野メンネルコール 指揮

 

 

☆11月7日 六本木ヒルズクラブ

 

『0歳からの知育コンサート®』

日程:2016年11月7日(月)

  • 開演時間:11時、14時
  • 場所:六本木ヒルズ森タワー51階(〒106-6151 東京都港区六本木6-10-1)
  •     
  • 対象年齢:0歳以上ならどなたでも
  • チケット価格:(税別・大人チケットにはティーセット付)
     指定席 大人6000円、子供 4000円(直販のみ)
     自由席 大人4000円、子供 2000円
  • 詳細サイト→ここ

 

☆11月27日 12月1日 4日 7日 10日 新国立劇場 オペラパレス

 

新国立劇場オペラ公演

「セビリアの理髪師」 バルトロ役 カバーキャスト

 

 

 

☆12月11日 北とぴあ さくらホール

15:00 開演 14:30 開場

 

フレッシュ名曲コンサート

北区第九演奏会

出演

指 揮:藤岡 幸夫
ソプラノ:嘉目 真木子
アルト :金子 美香
テノール:鈴木 准
バリトン:吉川 健一

管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
合 唱:北区第九合唱団

曲名

モーツァルト:歌劇『フィガロの結婚』序曲
ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」

料金

一般

S席 3,000円
A席 2,000円

全席指定 ※区民割引はございません

※未就学児の入場はお断りしております。

 

詳細→ここ

 

北区第九

 

 

☆2017年1月14日 15日

ニューイヤーコンサート

詳細未定 都内 オーケストラ共演でアリアなどを歌唱予定

 

 

☆2月2日 5日 8日 11日 新国立劇場オペラパレス

 

新国立劇場オペラ公演

 「蝶々夫人」 ヤマドリ役出演

 

詳細サイト→ここ

 

 

☆3月7日 8日

 

審査員 詳細下記チラシ参照

 

 

☆3月12日 Hakuju Hall

Concert for KIDS〜0才からのクラシック®〜

2017年3月12日(日) Hakuju Hall(東京都)
10:30開場/11:00開演  13:30開場/14:00開演

出演

鷲尾 麻衣(ソプラノ)
吉川 健一(バリトン)
礒 絵里子(ヴァイオリン)
白石 光隆(ピアノ)

詳細→ここ

 

 

☆3月18日

高知県 土佐清水歌劇団 詳細未定

- comments(0) trackbacks(0)
熊本地震災害支援チャリティーコンサート

熊本地震災害支援チャリティーコンサートが昨日、超満員のお客様にお越し頂いて無事終わりました。昨日の募金も500,000円近くのお金を熊本に送れるようです!
昔、僕がイタリアで歌っていた時は、コンサートといえば教会で歌うことが当たり前で、その響きや空間の雰囲気に、西洋音楽のルーツを感じたものでした。
今回は、久しぶりにその体験が蘇るかのようなコンサートを日本で行うことができ、初めて歌うベートーベンのハ長調ミサの美しさも存分に堪能しながら歌うことができました。
オーケストラや合唱、ソリスト他スタッフの皆様とハードスケジュールの中、素晴らしい演奏を共有できたことに感謝です。
この様な機会を与えてくださり、くまもんマエストロありがとうございました

おわり

- comments(0) trackbacks(0)
0歳からの知育コンサート®

 

【小さなお子様、お孫さんをお持ちの方々へ】
子供に本物の感動を伝える企画、知育ラボ『0歳からの知育コンサート®』が、11月7日に開催されます。
今日は打ち合わせの為に会場である六本木ヒルズクラブを訪れました。
こんなに素敵な場所で音楽をお届けできるなんて、私達音楽家も幸せです。
毎回売り切れ必至のコンサートです。ご興味のある方ご一報を!今ならまだチケット用意できます。

...
うた comments(0) trackbacks(0)
熊本地震災害支援チャリティー【ワンコイン】コンサート
■ 熊本地震災害支援チャリティー【ワンコイン】コンサート

日時:2016年9月4日(日)
会場:カトリック渋谷教会 大聖堂
開場:14:30
開演:15:00
入場料:500円+自由献金
   (収益は熊本地震の復興支援にあてられます)
主催:熊本地震チャリティーコンサート実行委員会
協力:カトリック渋谷教会

指揮:曽我大介(東京ニューシティ管弦楽団 正指揮者)...

独唱:浪川 佳代(ソプラノ)
   高野 百合絵(アルト)
   豊原 奏(テノール)
   吉川 健一(バリトン)

合唱:一音入魂合唱団
管弦楽:リベラル・アンサンブル・オーケストラ

■ プログラム
W.A.Mozart : Serenade c-moll 《Nachtmusik》
モーツァルト:セレナーデ ハ短調 K.388

L.v.Beethoven : Mass in C-dur
ベートーヴェン:ミサ曲 ハ長調 Op.86

音楽とともに行うミサは言葉や文化のちがいを越えて参加する方への強いメッセージとなり、皆を一つにしてくれま
4月におきた熊本地震の復興を願い、皆が一つになれることをのぞみます

Mass to Play in the music, it becomes a strong message that goes beyond languages ,culture,and social diffrences.
In this concert ,we would like as a time to match the one , hope and pray to reconstruction of KUMAMOTO.

Masse pour prier dans la musique , il devienet un message fort qui va au-dela de la langue et de la culture ,les differences socials.
Dans ce concert ,nous sommes l'espoir et la priere a reconstrucions vers KUMAMOTO

予約の受付方法
▪charityconcertforKMJ@gmail.com
▪Facebookメッセージ
▪渋谷教会(日曜日対応)の台帳に直接記入
の3つを主とさせていただきます。
渋谷教会には直接のお問い合わせをお控えいただくようにお願いいたします
予約されるかたは、
▪名前
▪連絡先
▪枚数(最大4枚)
▪教会関係または一般の明記
をいただけますようお願いいたします
事務局より通し番号をお返事いたしますので、そちらを当日入り口にてお申し付けください。

charityconcertforKMJ@gmail.com
- comments(0) trackbacks(0)
出演情報 夕鶴
【夕鶴の宣伝 オペラ初心者の方特に!】
7月2日14時から新国立劇場で和物オペラの最高傑作『夕鶴』公演に出演します。
この作品には、2005年の日生劇場での鈴木敬介氏演出の公演と、2013年、2014年の栗山民也氏演出新国立劇場関西鑑賞教室(尼崎)で運ずを歌わさせて頂いていますが、何度歌っても大好きな作品です。
甘美な旋律と、誰しもが知っている『鶴の恩返し』のストーリー。当然日本語で歌われるのでオペラ初心者の方にオススメです!!
チケットをそろそろまとめて注文しようと思ってます。関係者割引もありますので、僕の歌を聞いたことのないお友達!お子様連れてきてください。
一般公演のあとは東京で鑑賞教室と続きます。
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/performance/150109_006155.html
 
- comments(0) trackbacks(0)
名古屋ブルーノート オペラコンサート vol.3
今年も5月13日に2ステージ、名古屋ブルーノートでオペラコンサートを行わせていただきます。
今年のテーマは「愛」。オペラや歌曲には欠かせないこのキーワードは、様々な国や人間ドラマで全く違う色を音楽に残しています。
そういった音楽を今年3回目の公演で皆様に楽しんでいただこうと思っています。今年も皆様と盛り上げる笑いと涙のステージです。
夜の部にまだ空席が有ります。
皆様のお越しお待ちしております。

詳細→ここ

おわり
うた comments(0) trackbacks(0)
サウジアラビア後記をちょっとだけ


今回は3泊5日という強行スケジュールで、サウジアラビアの首都リヤドで歌う機会を頂きました。
日本でもお世話になっている某企業のプラーベートコンサートと在リヤド日本大使館で行われた日本・サウジアラビア外交関係樹立60周年コンサートでオペラアリアや日本の歌などを披露してきました。
まずサウジアラビアは、イスラム教のメッカがある国であることから最も戒律を厳しく守っている国である。特に女性には厳しく、アバヤ(黒い衣装)の着用、車の運転禁止、家族以外の異性とのコミュニケーション禁止など、女性の社会進出が当然の日本では考えられない国である。
文化的には、お酒、豚肉一切NG。ポルノが入ってるパソコンを空港で没収されたら外国人でも牢屋入り、娯楽は皆無。お祈りは一日5回(その時間は一切のお店、レストランなどが閉まる)など男性でも窮屈に思われる国でした。
また我々音楽家にとって致命的なことは、「音楽は邪悪なものである」というスタンスの国である。当然歌劇場はなく、オペラやロックなどの西洋の音楽を市民が街で聞けるチャンスなど基本的にはありません。今回は「日本から来た初めてのオペラ歌手」と皆さんにお話いただき「歴史的なことだ!」とまで言われてきました。
今回は、2つのコンサートともに「超」がつくほどのVIPの方々がお客様という特別なものだったのですが、娯楽に飢えたサウジの皆様には、たいへん盛り上がっていただき、スタンディングオベーション、BRAVO!の歓声、アンコールや曲のリクエストなど、大した英語が話せない僕のMCにも喜んでいただけた様子で、僕も大変嬉しかったです。
ただ、人はとても優しい性格を持った方が多く、おもてなしの精神を持ち、基本的にサウジアラビア国民は仕事をする習慣が近年までなかったので、仕事は遅いのですが、愛想はいいです。
この国に住むのは大変だと思いますが、この文化を理解すれば、渡航前に不安に思っていた程の、怖い国ではなく。むしろ素晴らしいところもたくさん感じることができる国でした。

今回は、ソプラノのWさんやピアノのIさんとは、無事に旅行ができるために、渡航前からたくさんのディスカッションを行い、結果最高の旅ができたことに感謝しています。
お二人やスタッフの方々にはたくさん疲れさせてしまいごめんなさい。
またいつかサウジアラビアに戻るチャンスがあれば是非!(本当にあるような気が)

- comments(0) trackbacks(0)
今年も土佐清水歌劇団


今年も、土佐清水歌劇団やります。
今回の演目は「ヘンゼルとグレーテル」僕は魔女婆さんに初挑戦です。
土佐清水の皆さん
今年も面白い舞台を土佐市k水の皆さんと作り上げます!宣伝と舞台出演をお願いします。

...

【第6回 みんなで作ろう!親子で楽しむオペラコンサート】
出演:
バリトン:吉川健一
ソプラノ:村田ゆう子
メゾソプラノ:長谷川忍
ピアノ:石野真穂
土佐清水歌劇団の皆さん

公演日時  2016年2月28日(日) 開場13:30 開演14:00

料金 一般 1,800円 (当日 2,000円) 高校生以下 1,300円 (当日 1,500円)

発売中

プレイガイド
土佐清水市立市民文化会館・土佐清水商工会議所・サニーマート清水店・TSUTAYA四万十店・サングリーンクリハラ(宿毛)

お問い合わせ
0880-82-3300 (土佐清水市立市民文化会館)

主 催
土佐清水市立市民文化会館

- comments(1) trackbacks(0)
東京 春 音楽祭 出演

4月のことですが、誕生日の翌々日に東京・春・音楽祭で、久しぶりにバッハとか歌います。2013年のファルスタッフ以来の音楽祭参加です。

詳細 ↓
http://www.tokyo-harusai.com/program/page_3024.html

- comments(0) trackbacks(0)
ボエーム 楽しかった〜



サントリーホールオペラアカデミー「ラ・ボエーム」盛況のうちに終わってしまいました。
このプロダクションの出演は、セビリアの理髪師 こうもり コジ・ファン・トゥッテ ラ・ボエームで4作目。
この公演は、他劇場公演のようなお客様の為へのエンターテイメントだけではなく、若手音楽家の育成を目的としているプロダクションなので、稽古時間も長いですし、内容もとても濃いものです。
このアカデミーのヘッドコーチは、数年前まで世界のオペラ座 例えばミラノスカラ座 ミューヨーク メトロポリタン パリのオペラ座などで活躍し、3大テノールの次の世代としてオペラ界を制覇した、ジュゼッペ・サッバティーニ氏。性格は典型的なイタリア人、音楽や人へ思いが熱く、若いはずの私たちの誰よりもエネルギーに溢れた稽古が続きました。
僕は、彼とは何回かお仕事をさせていただいていますが、イタリア語で会話できるその時間が、大きな財産になりました。
演出は、同じく世界のオペラ座で演出助手として活躍され、今でも世界中の歌手や指揮者に大きな信頼をおかれている、田口道子さん。イタリア人以上にイタリア語を扱え、イタリア人以上にオペラの台本を読み込むことができる彼女の演出は、楽譜に書いてあるその言葉、音符を忠実に芝居するというもの。現代の舞台では前衛的なものや読み替えが多かったりするので、基本中の基本で舞台を作れる経験は、これまた大きな財産です。
共演したキャストは、皆、以前に他の舞台でご一緒した方々でしたが、この貴重なプロダクションのおかげで、その絆が固く結ばれたことがとてもうれしかったです。
合唱で参加したアカデミー生も、これからこの機会を活かして、プロの現場に羽ばたいていってもらいたいです。
もはやホームグランドのように感じているこのサントリーホールアカデミーの舞台、いつまでも続いてもらいたいし、またお世話になりたいです。
関係各位 本当にありがとうございました。
おわり
うた comments(0) trackbacks(0)
| 1/48 | >>
Material by 歪曲実験室。
Template by malo pismo
Log in | RSS1.0 | Atom0.3 |
(C) 2016 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.